モバイル’17

「モバイルがインフラとなった時代を生きる」

モバイル機器やモバイル技術はもはや目新しいものではなく、我々の生活の中に当然あって、あらゆる場面で自然に利用されるものになった。今回のシンポジウムは、そのようなモバイル機器がインフラとなった時代を我々はどのように生きるか、どのようにして改善していくかを考える場としたい。

本シンポジウムも発足以来18回を迎え、2017年は開催地を大阪大学人間科学部として準備を進めております。そこで、一般の研究発表・事例発表、実演・展示を広く募集いたします。皆様方の多くのご参加をお待ちしております。

日時:2017年3月9日(木)~10日(金)

会場:大阪大学人間科学部(吹田市)

大阪大学人間科学部へのアクセス

主催:特定非営利活動法人モバイル学会

協賛:関連44学協会

シンポジウム大会長:篠原一光(大阪大学)

実行委員:木村 貴彦(関西福祉科学大学)、石松 一真(滋慶医療科学大学院大学)、岡 耕平(滋慶医療科学大学院大学)、紀ノ定 保礼(大阪大学大学院)

シンポジウム「モバイル’17」プログラム

シンポジウムプログラム(PDFファイル)[2017年2月22日版]

田村博研究奨励賞の結果は以下のとおりです。

•最優秀賞:単調作業の疲労に対する歩行を用いた休息による生理・心理変化
荒巻公亮(立命館大学大学院情報理工学研究科), 萩原 啓(立命館大学情報理工学部)

•優秀賞:視覚障がいのあるユーザによるスマートフォン利用時の画面内探索動作の特性に関する基礎的研究
永井正太郎(大阪市立大学大学院生活科学研究科人間工学研究室)、新宅 慶騎(大阪市立大学工学部), 岡田明(大阪市立大学大学院生活科学研究科)

•優秀賞:入力領域縮小機能を追加したタブレット向けの親指ジェスチャーによる文字入力方式
秋田光平, 田中 敏光, 佐川 雄二(名城大学理工学部)

企画シンポジウム(参加無料)

企画:モバイル17大会実行委員会

「障がい支援の実践から考えるモバイル・ICT活用」

概要:モバイル・ICTは障がい支援領域にも浸透し、今日ではなくてはならない技術となっています。本シンポジウムでは、障がい者支援の現場を熟知する話題提供者から、現在モバイル・ICTがどのように活用されているのかを紹介していただくとともに、今後どのような研究開発・実践が必要となっていくかについて論議します。

話題提供者:小川修史 先生(兵庫教育大学)
話題提供者:杉本義己 先生(システムデザイン・ラボ)
話題提供者:岡 耕平 先生(滋慶医療科学大学院大学)
話題提供者:木暮祐一 先生(青森公立大学)
指定討論者:西端律子 先生(畿央大学)
司会:石松一真(滋慶医療科学大学院大学)

企業展示と広告募集のご案内

本シンポジウムでは、企業様からの会場展示及びシンポジウム論文集の掲載広告を募集しております。

広告掲載料 30,000円/1件  展示40,000円/1件  展示・広告掲載料 60,000円/1件

展示・広告掲載のご案内と申込書

シンポジウムを聴講される方へ

聴講者の参加費
会員・協賛学協会会員 *1 12,000円 【早割】 10,000円
非会員 18,000円 【早割】 16,000円
博士課程 学生会員 *1,*2 5,000円 【早割】 3,000円
博士課程 学生非会員 *2 10,000円 【早割】 8,000円
修士課程・学部学生 *2 1,000円 【早割】 割引なし
【早割】2017/1/31までにお払込下さい.
*1 モバイル学会へ同時入会される場合,正会員あるいは学生会員の各参加費にそれぞれ5,000円3,000円が加算された額となります.
*2 論文集を含みません.
聴講者の参加申込 申込締切日: 2017年2月24日


交流会

学界・産業界・利用者・学生がみなで集い,本音を語り,知恵を出し合い,モバイル社会の明日を夢見ましょう.

  • 日時:2017年3月9日(木)18:00~

※交流会のみの参加も可能です。聴講参加申込書にてお申込み下さい。当日参加も可能です!

シンポジウムでの発表に応募される方へ

発表者(演者)の参加費

学生の方も発表者として参加される場合,正会員または非会員としてお申込み下さい.

【参加費】

会員・協賛学協会会員 *1 12,000円 【早割】 10,000円
非会員 18,000円 【早割】 16,000円
【早割】をご利用の場合は、参加費を2017/1/31までにお払込下さい.
*1 モバイル学会へ同時入会される場合,会員参加費に正会員は5,000円,学生会員は3,000円が加算された額となります.

募集区分: 一般発表(口頭発表)・企画セッション

発表申込

申込締切日: 2016年10月31日→11月30日に延長しました!締切ました

執筆要項

原稿締切日:2017年1月15日

発表要項
  • 一般発表時間:1発表20分(口演時間:15 分,質疑応答時間:4 分,入替え時間:1 分)を予定しております.
  • 以下の時点でベルがなります。第1 鈴:13 分目(予鈴),第2 鈴:15 分目(口演終了),第3 鈴:19 分目(質疑応答終了)

研究奨励賞

未来を担う若手研究者のさらなる発展を後押しするため、研究奨励賞を新たに設けています。エントリーをお待ちしております。

  • 対象者:表彰時点で『会員・学生会員』かつ『2016年12月31日時点で40歳未満』である『筆頭著者』
  • 表彰式:シンポジウム期間中に表彰式を開催する。

学会誌への同時投稿

本学会主催のシンポジウム「モバイル」の論文原稿をそのままモバイル学会誌の査読付き論文として投稿頂ける「同時投稿」を実施しております。ただし、筆頭著者がモバイル学会員であることが必要です。シンポジウム終了後に規定に基づき審査を行います。審査期間は審査内容によって異なります。投稿料は無料ですが、採録が認められた場合の論文掲載料が別途必要です。希望される場合は、発表申込用紙とともに『投稿票』をご提出ください。詳しくは,「モバイル学会誌」のページをご覧ください。

申込・問合先

特定非営利活動法人モバイル学会   http://www.mobilergo.com/
〒654-8585 兵庫県神戸市須磨区東須磨青山2-1
神戸女子大学 家政学部 大森研究室内
Tel&Fax:078-737-2349
mobile17@mobilergo.com ←お申込こちら
mgo@mobilergo.com ←お問合こちら

事務局

所在地・問合せ先
〒654-8585
兵庫県神戸市須磨区東須磨青山2-1
 神戸女子大学 家政学部 大森研究室内
 mgomobilergo.com