モバイル’18

モバイル史30年から、情報社会の未来を展望する

モバイル機器やモバイル技術はもはや目新しいものではなく、我々の生活の中に当然あって、あらゆる場面で自然に利用されるものになった。今回のシンポジウムは、そのようなモバイル機器がインフラとなった時代を我々はどのように生きるか、どのようにして改善していくかを考える場としたい。

本シンポジウムも発足以来19回を迎え、2018年は開催地を静岡大学(浜松キャンパス)として準備を進めております。そこで、一般の研究発表・事例発表、実演・展示を広く募集いたします。皆様方の多くのご参加をお待ちしております。

日時:年3月15日(木)~16日(金)
会場:静岡大学 浜松キャンパス(浜松市)
静岡大学(浜松キャンパス)へのアクセス

主催:特定非営利活動法人モバイル学会
共催:静岡大学情報学部
協賛:関連**学協会

シンポジウム大会長:遊橋裕泰(静岡大学) 副会長:木暮祐一(青森公立大学)
実行委員:小川哲司(ドコモCS東海)ほか

シンポジウム「モバイル’18」プログラム

シンポジウムプログラム(PDFファイル)[作成中]

企画シンポジウム

1987年にハンディタイプの「携帯電話」が提供されて、今年で30年。コンシューマーサービスとしての進化に着目し、モバイル業界のキーパーソンに、これまでのターニングポイントを振り返ってもらった上で、今後の発展を展望するトークセッションをおこなう。

想定ターニングポイント
スマートフォン、おサイフケータイ、ワンセグ、カメラ&カラー液晶、インターネット、メール、小型化、買い上げ制度

ディスカッションの想定ゴール
ウェアラブルデバイスやロボット、IoT機器との連携、VRやAIの活用からどのように展開するのかという出演者の予想をまとめる。

[出演者] 野村総合研究所 北俊一 氏 他3~5名程度
[モデレーター] 青森公立大学経営経済学部 木暮祐一(副会長)

企業展示と広告募集のご案内

本シンポジウムでは、企業様からの会場展示及びシンポジウム論文集の掲載広告を募集しております。
広告掲載料 30,000円/1件  展示40,000円/1件  展示・広告掲載料 60,000円/1件
展示・広告掲載のご案内と申込書

交流会

研究奨励賞の表彰式を兼ねた懇親会を、1日目の夜に開催します。地方都市での開催ということもあり、遠州地方の海の幸・山の幸を用意しておもてなししたいと考えています。
学界・産業界・利用者・学生がみなで集い,本音を語り,知恵を出し合い,モバイル社会の明日を夢見ましょう.

  • 日時:2018年3月15日(木)19:00~
  • 会場:呉竹荘

送迎バス
往路:静岡大学浜松キャンパス → 呉竹荘
復路:呉竹荘 → JR浜松駅

※交流会のみの参加も可能です。聴講参加申込書にてお申込み下さい。当日参加も可能です!

シンポジウムでの発表に応募される方へ

発表者(演者)の参加費

学生の方も発表者として参加される場合,正会員または非会員としてお申込み下さい.

【参加費】

会員・協賛学協会会員 *1 12,000円 【早割】 10,000円
非会員 18,000円 【早割】 16,000円
【早割】をご利用の場合は、参加費を2018/1/31までにお払込下さい.
*1 モバイル学会へ同時入会される場合,会員参加費に正会員は5,000円,学生会員は3,000円が加算された額となります.

募集区分: 一般発表(口頭発表)・企画セッション

発表申込

発表申込期間: 2017年11月1日(水)から11月10日(金)

  • 発表申込書(MS Word)[作成中] /発表申込書(PDF)[作成中]

執筆要項

原稿締切日:2018年1月12日(金)までに、WordとPDFの2種類の原稿に著作権譲渡書を添えてご提出ください

  • 執筆要項(MS Word)
  • 著作権譲渡書(MS Word)

発表要項
  • 一般発表時間:1発表20分(口演時間:15 分,質疑応答時間:4 分,入替え時間:1 分)を予定しております.
  • 以下の時点でベルがなります。第1 鈴:13 分目(予鈴),第2 鈴:15 分目(口演終了),第3 鈴:19 分目(質疑応答終了)

研究奨励賞

未来を担う若手研究者のさらなる発展を後押しするため、研究奨励賞を新たに設けています。エントリーをお待ちしております。

  • 対象者:表彰時点で『会員・学生会員』かつ『2017年12月31日時点で40歳未満』である『筆頭著者』
  • 表彰式:シンポジウム期間中に表彰式を開催する。

学会誌への同時投稿

本学会主催のシンポジウム「モバイル」の論文原稿をそのままモバイル学会誌の査読付き論文として投稿頂ける「同時投稿」を実施しております。ただし、筆頭著者がモバイル学会員であることが必要です。シンポジウム終了後に規定に基づき審査を行います。審査期間は審査内容によって異なります。投稿料は無料ですが、採録が認められた場合の論文掲載料が別途必要です。希望される場合は、発表申込用紙とともに『投稿票』をご提出ください。詳しくは,「モバイル学会誌」のページをご覧ください。

シンポジウムを聴講される方へ

聴講者の参加費
会員・協賛学協会会員 *1 12,000円 【早割】 10,000円
非会員 18,000円 【早割】 16,000円
博士課程 学生会員 *1,*2 5,000円 【早割】 3,000円
博士課程 学生非会員 *2 10,000円 【早割】 8,000円
修士課程・学部学生 *2 1,000円 【早割】 割引なし
【早割】2018/1/31までにお払込下さい.
*1 モバイル学会へ同時入会される場合,正会員あるいは学生会員の各参加費にそれぞれ5,000円3,000円が加算された額となります.
*2 論文集を含みません.
聴講者の参加申込 申込締切日: 2018年2月28日(金)
    • 聴講参加申込書(MS Word)[作成中]/聴講参加申込書(PDF)[作成中]

申込・問合先

特定非営利活動法人モバイル学会   http://www.mobilergo.com/

〒654-8585 兵庫県神戸市須磨区東須磨青山2-1
神戸女子大学 家政学部 大森研究室内
Tel&Fax:078-737-2349

事務局

所在地・問合せ先
〒654-8585
兵庫県神戸市須磨区東須磨青山2-1
 神戸女子大学 家政学部 大森研究室内
 mgomobilergo.com